【観戦記】イニエスタ初観戦!2018.8.26 ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス@ノエビアスタジアム神戸

【観戦記】イニエスタ初観戦!2018.8.26 ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス@ノエビアスタジアム神戸

こんにちは、takomariです。

今回はついに!初めてイニエスタを見るために、J1第24節 ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスをノエビアスタジアム神戸へ見に行ってきました!

5月にイニエスタの移籍が決まった際、もしW杯でスペインが決勝まで行ったら、イニエスタの神戸デビューはオフをはさみ、この試合になるのではと言われていたのでチケット発売と同時にこの試合のチケットを確保していました。

実際は7月にイニエスタは神戸デビューを果たし、ヴィッセル神戸の試合はホーム、アウェー関わらず満員に近い観客が詰めかけています。
毎試合そのニュースやイニエスタのプレーを見るたび、生で見れるのを待ち焦がれていました。

待ちに待ったこの試合、イニエスタはどんな活躍を見せてくれたのでしょうか。
それでは、観戦記をお伝えします。

試合情報
■日時:2018年8月26日(日)18:00k.o.
■天気:晴
■気温:27.3℃
■入場者数:28,534人
■座席:バックS指定
■スタグル:かすうどん、タンドリーチキン、カレー

Advertisement

ノエスタは人!人!人!

本日の試合開始は18時、開門時間が16時だったので、16時ごろ到着するようにノエスタに向かいました。
ノエスタの最寄駅は地下鉄海岸線の御崎公園駅。人だかりと共にスタジアムへ歩きます。

イニエスタ効果でチケットは完売。スタジアム場外も人で溢れかえっていました。
イニエスタグッズも専用コーナーを設けて販売されています。
このようにグッズのラインナップが一目でわかるのはとても良いですよね。

念願のタンドリーチキンとおもしろい店員さん

スタグルを買うにも一苦労です。
以前食べておいしかった神戸牛ステーキ丼は長蛇の列だったので断念。

この日は最高気温が30度を超える猛暑だったのですが、目に入ったアツアツのかすうどんに惹かれ、まず購入。
カスがおいしく、スープの出汁もよく出ていておいしかったです!

また、この日はイニエスタバルのオープン日。
バルはスタジアム内部にあるのですが(チケットは不要)、並んでいたらキックオフに間に合わないくらいの行列がスタジアムの外までできていました。イニエスタワイナリーのワインや生ハムなどが食べれるとあってとても気になりましたが、今日は別のお目当てのものがあったのでこちらも断念。

お目当てのものとは、そう、タンドリーチキンです!
2015年スタジアムグルメグランプリで1位に輝いたサーランギのタンドリーチキン。今年の4月からノエスタの場外スタグルエリアの場所代が高額になってしまい、もう出店していないとか、たまに出店しているなどの情報をTwitterで得ていたのですが、今回はヴィッセル神戸のオフィシャルHPに出店予定と掲載されていました。

場所はイニエスタバルの向かい側。こちらは並ばずにすぐ入れました。

まず店舗入り口で食券を購入し、店舗に入ります。

注文したのはビールとタンドリーチキンとチキンカレー。
ビールは店舗入ってすぐのカウンターで交換し、食事類は店舗の奥で交換します。
お料理は名物?の陽気なおじさんが色々お話しながら次々に盛り付けてくれます。
私は下記の写真代が600万円って言われちゃいました…笑

じゃーん!これが待ちに待ったタンドリーチキン!

柔らかくて、スパイスが効いていてめちゃくちゃ美味しかったです!
スパイシーな感じがビールと合う!!

カレーは甘めで、タンドリーチキンとすごく合います。結構お肉が乗ってるので、この一皿でも満足できそうです。

お店の内部こんな感じ。スタジアム外の喧噪が嘘のようです。エアコンも効いていて、涼しくて快適!


ノエスタは2002年日韓ワールドカップの開催地であったため、当時のポスターや記念品も飾られていました。ヴィッセル神戸の過去のポスターやユニフォームも飾られていて、ファンには堪らないはずです。

そんなに混んでなかったけど、あまり知られてないのかな?
お店が快適すぎてスタグル感があまりなかったけど、次も出店してたら絶対行きます!

Advertisement

現在からしたら割安なチケットで

今回はチケット発売直後にバックS指定の座席を購入しました。

前から4列目というかなりの良席で、選手のプレーを間近で見れました。ノエスタは陸上トラックがないので、本当に手に届きそうな距離でした。

実はこの席のチケット、私が購入した時は前売価格3,500円で購入したのですが、今はこんなに安くは購入出来ないのです。

イニエスタ加入後、ヴィッセル神戸はダイナミックプライスを採用していて、その試合の需給状況によってチケットの価格が変わる仕組みになっています。

私が購入した時点では、3,500円で購入することが出来たのですが、その後、イニエスタ効果で他の試合でもチケット完売が続いているため、9月に開催されるガンバ戦の同カテゴリーの価格はなんと5,000円に設定されていました!

需要と供給でモノの価格が決まるのが経済の大原則なので、神戸のやり方は理にかなっているのですが、ちょっと庶民にはお財布に痛くなってしまいましたね…(;^_^

イニエスタは決定機を演出するもゴールならず。そして久保建英の初ゴールを拝めた!

さあ、いよいよ試合開始です。ヴィッセルはイニエスタを中心に攻め込みますが、前半はポドルスキとイニエスタの距離が遠く、二人のホットラインがあまり見えずなかなか決定機が産まれません。

それにしても、なんでポドルスキはあんなに後ろ目にいるんでしょうか。せめてイニエスタと同じサイドに行ってほしいなぁと、普段神戸の試合を見ない身として感じました。

そう思っていたら後半はポドルスキが左サイドに移動し、二人の連携が多く見られるようになってきました。
しかし、均衡を破ったのはマリノス。先日FC東京からマリノスに移籍した久保建英が中央でボールを受けると、松原にパス。再びボールを受けた久保は鋭いミドルシュートを放ち、見事Jリーグ初ゴール!日本中が注目している久保選手のJリーグ初ゴールを拝めて幸せでした!

85分にもマリノスの仲川がゴールし、2-0でマリノスの勝利。神戸はイニエスタを中心にチャンスを多く作りましたが、最後決めきることができず。ポドルスキはイライラしてるようでしたね。

帰りは混雑を避け早めに退散

今回は3万人近い観客が詰めかけていたので、帰りの地下鉄はかなり混むことが予想されました。
このため、今回はやむなく後半ロスタイムに席を立ち、御崎公園駅へ向かいました。

試合終了前に出たにも関わらず、御崎公園駅へ降りる階段に差し掛かる際と、地下鉄の改札に入る前に入場規制がかかり、数分待たせれました。肝心の電車内は入場規制がされているため、そこまで混雑していませんでした。

なお、スタジアムからJR兵庫駅までのシャトルバスが運行されているようなので、JRを利用される方はそちらを利用するのもいいかもしれません。次回はそちらも利用してみようと思います。

次回イニエスタの試合を見れるのは9月のアントラーズ戦になると思います。チケットはもう確保済み!楽しみにしながら待ちます。

それでは素晴らしいサッカーライフを^^