【観戦記】2018.7.25 セレッソ大阪vs鹿島アントラーズ@ヤンマースタジアム長居

【観戦記】2018.7.25 セレッソ大阪vs鹿島アントラーズ@ヤンマースタジアム長居

こんにちは、takomariです。

今回はACLの都合で1試合のみ延期となっていた、J1第14節 セレッソ大阪vs鹿島アントラーズ戦を大阪長居スタジアムに見に行ってきました!

私の住んでいる大阪にアントラーズが来るということで、ずっと楽しみにしていました。

今日は金崎夢生の突然の移籍後、初めての試合。アントラーズとしては何が何でも勝ちたい試合です。
一方のセレッソも、W杯中断後はまだ勝てていないため、ホームで勝ち星を挙げたいところ。ですが、この真夏の過密日程のため、スタメンを7人入れ替えて臨みます。

真夏の夜の熱い試合、どんな結果になるのか―。
では、早速観戦記をお伝えします。

試合情報
■日時:2018年7月25日(水)19:00k.o.
■天気:晴
■気温:30.8℃
■入場者数:16,631人
■座席:アウェイサポーター自由席
■スタグル:から揚げ、ポテト

Advertisement

仕事終わりにスタジアムへ

今回は平日ということで、仕事を早めに切り上げてスタジアムに向かいました。
スタジアムに到着したのは18時ごろ。夕方にもかかわらず、外はまだだいぶ明るく、気温は30度越え。これは厳しい試合になりそうだ…

スタジアムに入場すると、鹿島側のサポーターは平日にも関わらず多くの人が集まっていましたが、前の方の座席も空いている様子。
後ろの方で試合を楽しむか、前の方でガンガン応援するか悩みましたが、今回は久々に鹿島のサポーター仲間と一緒でしたので、前の方の座席を選びました!
席からの眺めはこんな感じ。

アウェー側は閉鎖されているのでスタグルには注意

コンコースが規制されており、アウェー自由席で入ると他の座席エリアへ行くことができません。
また、長居スタジアムはスタジアムの外にグルメエリアが設置されているため再入場できる仕組みになっているのですが、その再入場できるゲートはメインスタンド側の1か所しかありません。

つまり、アウェー自由席の場合、一度スタジアムの中に入ってしまうとアウェー自由席エリアから出ることができないため、食料もそこで調達する必要があります。

アウェー側のグルメはからあげやポテトくらいしかなく、入場する前に買っておけばよかったなと少し後悔…
唯一の希望だったぼっかけやきそばも、なんと目の前で売り切れてしまいました。かなりショックでした…
スタジアム外のグルメエリア ”セレッソバル”にはおいしいスタジアムグルメがたくさんあるので、アウェイサポーターは入場前にこちらで食料を調達してから入場するのが良さそうですね。

なお、この日はビール半額デーのイベントをやっていました。
意気揚々とビールを頼みましたが、この暑さで一気に酔いが回ってしまい、これ以上飲んだらゴール裏で飛べない…と思い、半分くらいで断念しました。

Advertisement

夢生移籍後初試合は優磨の気持ちのこもったゴールで勝利!

さて、そうこうしているうちにあっという間に試合の時間です。
両チームともこの猛暑の中、中二日での試合。セレッソはスタメンを7人入れ替えてきましたが、アントラーズは1名のみ。

試合開始時の気温は30.8度。ゴール裏は人が密集しているため、それ以上の暑さに感じます。

今回の座席は前から5列目くらい。一番前にはインファイトの人がいて、応援の際「もっとがんばって声出そうよ!」とか「俺たちの力で選手後押ししようぜ」とたくさん鼓舞してくれます。
それに励まされ頑張って跳ねて声を出しますが、にしても暑い暑い。。。
心臓がバクバクします。これは熱中症?ビール飲んじゃったから?
この状況でサッカーをする選手を本気で尊敬します…

試合は前半終了間際にアクシデント。鹿島の昌子選手が負傷退場してしまいます。
接触した瞬間に這ってゴールラインの外に行き、自らドクターを呼んでいたので、かなり心配でした…
翌日の検査の結果、左足関節捻挫で全治3週間程度とのこと。骨折や靭帯損傷ではなくてひとまず安心しました。

試合は後半に動きます。
57分、犬飼のパスが相手DFに当たり、センターサークルにいた鈴木優磨のもとへ。そこからドリブルで突っ走り、GKキムジンヒョンを超えるループシュート!

この爽快なゴールにゴール裏は沸き立ちます!しかも、ゴールを決めた後、優磨がゴール裏を向いてエンブレムをアピールしてくれました。
「夢生がいなくなった今、アントラーズを背負うのは俺だ!」という気持ちが強く伝わってきて、ウルっときました(´;ω;`)

また、その3分後にはFKの後前線に残っていた町田の鋭いクロスに土居聖真が合わせゴール!
現地ではクロスを上げた選手が誰だかわからなくて、「あつたか?安西?でも違うところにいたよね。じゃあ誰?」なんて話していたのですが、のちに映像で見ると町田ではありませんか!
負傷の昌子との交代後、安定した守備を見せてくれたのに加え、あんなクロスを上げられるとは、今後にもかなり期待ができます。

試合は2-0でアントラーズの勝利。セレッソサポーターからは試合後ブーイングが発生していました。
結局高木、山村、ソウザの3選手が途中出場しましたが、真夏のこの状況では運動量を上げられず、また鹿島GKのスンテさんの好セーブも光り、セレッソはゴールを奪うことはできませんでした。

試合後の私たちの席。この空のペットボトルたちが暑さを物語っていますね。
本当に選手もサポーターもお疲れ様でした。暑かったですが、久しぶりにゴール裏でオブラディを歌うこともでき、本当に幸せなひと時でした!

にしてもこの過密日程はどうにかならないのでしょうか。今年はロシアW杯の中断期間があったとはいえ、この猛暑の中、週二のペースで試合があるのは酷です。試合→オフ→リカバリー→また試合の繰り返しで、十分な戦術練習もできないと思います。
過密日程は世界的な課題ですが、何か抜本的な改革が必要ですね。。

まとめ

では、本日のまとめです。

・熱中症になりかけるも何とか生還
・優磨の”これからは俺がアントラーズを引っ張るぜゴール”
・ゴール裏はやっぱり最高♪

久々にお友達と観戦できて、勝つこともでき、本当にサッカー観戦の楽しさを味わえた試合でした!
次はアントラーズの大阪2連戦の2戦目、3日後のガンバ大阪vs鹿島アントラーズ戦に行きます!